国道53号グレードアップ委員会 > 五十三次ふれあいだより > ふれあいだより3号('97.11月) > 津山市
津山市 城主と語る

 このたびは、津山とゆかりの深い森さんに登場願って、いろいろと当時の苦労話や様子をお聞きしたいと思います。
 それでは森さんをご紹介しましょう。


〈森忠政公プロフィール〉
森  忠政
   森 可成の六男として美濃に生まれる。
 本能寺の変で織田信長と討死した森蘭丸の弟
 
 1603年 津山城主となる。
 1604年 津山城築城着手
 1616年 津山城竣工

 今日は森さんと私(森さんの友達の文さん)の対談という形式で進めてみたいと思います。
(文さん)
 森さん、こんにちは!今日は、1604年から13年の年月をかけて建設されました、 津山城築城当時の苦労話についてお聞かせ願いたいと思います。
(森さん)
 そうですね。最初は建設位置を院庄に決めたわけですが、鶴山に変更しました。 もともと鶴山は、山名氏の旧塁があったので、それを基に築城を開始しました。
(文さん)
 そうですか。旧塁があったにしても高さ45mにもおよぶ石垣があったわけではないでしょうから、 その石はどこから切り出し運ばれたのでしょうか。
(森さん)
 石材の多くは、鶴山の南約2.1kmに位置する大谷山やそれよりもう少し南の 金屋山から切り出し運搬しました。
(文さん)
 建築用の木材はどこから切り出したのでしょうか。
(森さん)
 木材は北部の山林をはじめ領内の各地から採り集めました。 当時は今の様にチェーンソーやクレーン、掘削機、ダンプトラックもありませんから大変でした。 全て人力作業でしたから13年間もかかってしまいました。
(文さん)
 でも、その城は明治6年に取り壊しが命じられ、石垣が残るのみとなりましたね。
(森さん)
 はい、私も非常に残念です。当時多大な労力と莫大な工事費を費やして、 建築した汗と涙の結晶ですからね。
(文さん)
 一時は、天守をはじめとする建造物や土地はすべて公売され、 外堀や旧塁も改変されましたが、城郭の主要部である本丸、二ノ丸、三ノ丸の縄張は原型をよくとどめ、 今日に至っていますね。
(森さん)
 2004年には、築城400年になりますが、昔のあの雄壮な五層の天守閣が ふたたび建設される日を心まちにしています。
(文さん)
 そうですね。津山城整備計画の策定に当たっては、ご意見をお聞かせ頂きたいと思います。 本日は、大変お忙しい中おいで頂きありがとうございました。
ということで、本日は森忠政さんに登場して頂きました。
いっぺん 津山へ きんちゃい!

お 問 い 合 わ せ
勝北町総合スポーツ公園管理センター TEL(0838)36-5800


前へ もどる 次へ

備前・美作五十三次ふれあいだより
国道53号グレードアップ委員会
(事務局 津山市都市建設部土木課内)
国道53号グレードアップ委員会 > 五十三次ふれあいだより > ふれあいだより3号('97.11月) > 津山市